Altium 社 FY18 の業績

Altium 社との代理店契約がが終了し、Altium Designer の販売を取り止めてから 2年以上経ちましたが、四半世紀に渡り Altium と共に歩んできた当方にとって、Altium 社の動向は未だに他人事ではありません。

最大の関心事はその業績ですが、ここのところ株価が急上昇しており極めて好調である事が伺えます。そこで、先月公開された  FY18(2017年 7月から 2018年 6月まで)の投資家向け報告書 に目を通したところ Altium の業績の伸はさらに加速しているようです。

この報告書には、前期と比較し売り上げが 24% 増え、さらに売上総利益(Gross Margin)34% 増えた事が報告されています。また他の指標にも著しい改善がみられます。

さらにこの報告書では今後のビジョンにも触れられており、2020 年には売上ベースのシェアで、MENTOR と CADENCE を追い抜き PCB CAD 業界でトップの座を獲得するという見通しが示しされています。ちなみに現在は国内最大手の図研を抑え、業界第 3位のようです。

Altium の強みは何といっても「PCB CAD 専業」である事です。半導体市場向けのツールが主力の MENTOR や CADENCE とは違い Altium は 全てのリソースを PCB CAD の開発に振り向けられるからです。

Altium はこの PCB CAD への特化と、アスリートを思わせるような製品開発に対する果敢なチャレンジによって、MENTOR と CADENCE を追い抜こうと目論んでいます 。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。